賀曽利隆 STILL ON THE ROAD !

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。

「東海道53次・復路編」(4)

 2009年5月8日5時30分、早朝の名古屋を出発。国道1号を東へ。今にも雨の降り出しそうな天気だ。

 最初の宿場、鳴海宿には東海道53次時代の面影は残っていないので、そのまま国道1号で走り過ぎていく。

 東海道の宿場の面影が色濃く残る間の宿の有松を通り、桶狭間の古戦場跡を通り、「阿野一里塚」を通り、豊明で境川を渡る。気がつかないまま通り過ぎてしまうような川だが、この川が尾張と三河の国境になっている。

 尾張から三河に入ると雨が降っている。前日につづいての雨…。

 三河最初のの池鯉鮒(ちりゅう)宿へ。今の知立のことだ。

 旧東海道で「知立不動」で知られる総持寺や「知立神社」、「知立城跡」などのある池鯉鮒宿の宿場を走り抜け、国道1号を横切り、「知立松並木」に入っていく。ここには側道がある。500メートルにわたって170本ほどの松が植えられている。その入口には「馬市跡」の碑。池鯉鮒宿では毎年4月末から5月にかけて馬市が開かれたとのことで、側道は馬をつなぐためのものだった。

 池鯉鮒宿からはそのまま旧東海道を走っていく。

 国道1号の1本、北側の道だ。

 矢作川にかかる矢作橋を渡って、岡崎宿へ。

 この橋は日吉丸(少年期の豊臣秀吉)が野伏の頭領の蜂須賀小六と出会ったという伝説の場所。橋のたもとにはその「出合之像」が建っている。

 矢作橋を渡ったところで、国道1号の南側にある「八丁味噌」の工場前へ。その名前はかつての八丁村に由来している。岡崎城から東海道を西へ、ほぼ八丁(約870m)の距離に位置しているからだ。八丁村産の味噌なので、いつしか八丁味噌といわれるようになった。

 そんな「八丁味噌」の工場前から旧東海道の細道を走り、岡崎宿のシンボルの岡崎城まで行った。

toukaidou2009-fukuro-004-3503

早朝の名古屋を出発

toukaidou2009-fukuro-004-3508

鳴海宿の国道1号

toukaidou2009-fukuro-004-3509

池鯉鮒宿の松並木

toukaidou2009-fukuro-004-3511

池鯉鮒宿の馬市跡の碑

toukaidou2009-fukuro-004-3514

岡崎宿の「八丁味噌」