賀曽利隆 STILL ON THE ROAD !

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。

「2004・旧満州走破行」(2)

9月22日(水)晴 瀋陽→徳恵 第2日目

 夜明けの瀋陽を歩く。もやがかかっている。やがて朝日が昇る。「北陵公園」を歩く。ホテルに戻ると朝食。バイキング。

 午前中は瀋陽をめぐる。郊外の「蒸気機関車博物館」へ。そこには旧満鉄の「亜細亜号」が展示されている。

 そのあと清国を築いた女真族のヌルハチの墓を見る。そこにはヌルハチの功績をたたえた石碑。右には漢字、左には満族と蒙古族の文字。かつては満族(満州族)は独自の文字を持っていた。

 昼食を食べたあと、12時50分、瀋陽を出発。高速道路でハルビンへ。バイク旅はハルビンから始まる。

 瀋陽とハルビンを結ぶ高速道路沿いには一面、黄色く色づいた水田地帯が広がる。

 16時30分、遼寧省と吉林省の省境を通過。

 18時、長春に到着。人口500万人の大都市。ここには満州国時代の建物がかなり残っている。かつての関東軍司令部は今は人民委員会、国務院は吉林大学医学部…といった具合だ。

 19時30分、長春を出発。21時、徳恵に到着。「徳恵賓館」に泊まった。夕食は「石林大鍋」という鍋料理の専門店で。シャブシャブや海鮮の鍋。牛のペニスが入っていた。香辛料は中国人の大好きな香菜だ。

manchuria2004-2-6250

瀋陽で泊まった「遼寧大厦」

manchuria2004-2-6252

北陵公園の入口

manchuria2004-2-6253

歩道ではいろいろなものを売っている

manchuria2004-2-6254

瀋陽の朝食

manchuria2004-2-6259

旧満鉄の「亜細亜号」

manchuria2004-2-6263

manchuria2004-2-6264

東陵(福陵)

manchuria2004-2-6267

ヌルハチの画

manchuria2004-2-6281

高速道路で長春へ

manchuria2004-2-6283

manchuria2004-2-6288

高速道路のSAで見たトラックとバス

manchuria2004-2-6303

遼寧省から吉林省に入る

manchuria2004-2-6306

高速道路の料金所

manchuria2004-2-6327

徳恵の夕食。鍋料理だ