賀曽利隆 STILL ON THE ROAD !

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。

四国八十八ヵ所めぐり(60)

2009年4月24日(大三島→大島・その3)

「大島八十八ヵ所」の1番から3番までまわったあと、早川港から大島一周の県道49号で宮窪に向かっていく。

 他所国(よそくに)の漁港近くにある第4番の無量寿庵(大日寺)と第5番の寿気庵(地蔵寺)を参拝。無量寿庵からは大島石の石切場が見えた。

 しまなみ海道の大島大橋の下をくぐり抜け、宮窪瀬戸を左に見ながら宮窪へ。

 宮窪の周辺には第6番から第14番までの札所が集中している。

 第6番の医王庵(安楽寺)には長い石段を登っていく。上からは宮窪の町並みが一望できる。第7番の付属庵(十楽寺)は探すのに苦労した。第8番の海南寺(熊谷寺)は住職のいる寺。山門もある。

 第9番は大聖庵(法輪寺)。山中にあり、岩壁には不動明王像が彫り刻まれている。第10番は證明寺(切幡寺)。ここは村上水軍の能島村上家の菩提寺だったところで、「三島水軍総帥 能島村上家菩提寺跡」の碑が建っていた。

shikoku2009-60-2148

第4番の無量寿庵

shikoku2009-60-2149

無量寿庵からの眺め

shikoku2009-60-2150

第5番の寿気庵へ

shikoku2009-60-2151

寿気庵からの眺め

shikoku2009-60-2152

寿気庵

shikoku2009-60-2153

第6番の医王庵

shikoku2009-60-2154

2154、医王庵から宮窪の町並みを見下ろす

shikoku2009-60-2156

第7番の付属庵

shikoku2009-60-2159

shikoku2009-60-2160

第8番の海南寺

shikoku2009-60-2162

第9番の大聖庵の石段

shikoku2009-60-2163

大聖庵

shikoku2009-60-2164

大聖庵の不動明王像

shikoku2009-60-2165

第10番の證明寺

shikoku2009-60-2166

能島村上家菩提寺跡碑

shikoku2009-60-2167

證明寺の案内板