賀曽利隆 STILL ON THE ROAD !

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。

四国八十八ヵ所めぐり(57)

2009年4月23日(松山→大三島・その7)

 大三島南端の宗方港に立ち寄る。以前はここから今治へ船が出ていたが、今はない。

 大三島の西岸を北上しながら芸予諸島の島々を眺める。対岸の大きな島は広島県の大崎上島になる。島、また島の芸予諸島だ。島々の間を縫って、安芸・伊予の国境線が通っている。

 大山祇神社に戻ってきた。「大三島一周」は46キロだった。

 大山祇神社からは大三島横断の県道21号を行く。三村峠を越えて東海岸の井ノ口港へ。その近くの旅館「富士見園」に泊る。

 夕食はタイのお造り(そのほかカンパチ、ホッキ、エビ)、タイのコツムシ(タイの頭)、タイの釜飯、タイの吸い物と「鯛三昧」。そのほかアサリ鍋やタコの酢の物が出た。瀬戸内海の海の幸を存分に味わって、宿泊費は1泊2食8000円。これが島宿のよさというものだ。

shikoku2009-57-2117

大三島南端からの眺め

shikoku2009-57-2120

宗方港

shikoku2009-57-2121

shikoku2009-57-2122

芸予諸島の島々を眺める

shikoku2009-57-2123

大山祇神社に戻ってきた

shikoku2009-57-2124

大三島横断の道

shikoku2009-57-2125

三村峠のバス停留所

shikoku2009-57-2126

井ノ口港

shikoku2009-57-2127

島宿の「富士見園」に泊る

shikoku2009-57-2128

「富士見園」の夕食