賀曽利隆 STILL ON THE ROAD !

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。

東海道53次(往路編)3

第2番目・川崎宿(神奈川)4月1日

国道15号で東京・神奈川境の多摩川を渡り、第2番目の川崎宿へ。ここには東海道の宿場がらみのものは何も残っていない。

鶴見を過ぎた生麦には国道15号の左側に「生麦事件の碑」が建っている。生麦事件は幕末に日本を危うくした大事件。文久2年8月21日(1862年9月14日)、薩摩藩・島津久光の行列を横切ったイギリス人3人が、薩摩藩士の手によって殺傷された。この事件を機に薩英戦争へとつながっていく。

0582、国道15号の川崎駅入口の交差点

国道15号の川崎駅入口の交差点

0583、国道15号沿いの「生麦事件」の碑

国道15号沿いの「生麦事件」の碑