賀曽利隆 STILL ON THE ROAD !

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。

『アフリカよ』Youtube版電子写真集完成しました。

アップロード完了したのがちょっと前のことなので恐縮ですが。 下記の通り、積年の電子化プロジェクトが一応の完結を見ました! ※Youtube画面右下の「CC」から日本語を選択いただくと、写真キャプションが読めます。 コロナの影響で賀曽利さんにインタビュー…

C・W・ニコルさんの思い出

昨日(4月3日)、C・W・ニコルさんが亡くなられました。79歳でした。ぼくにとっては忘れることのできない人なので衝撃を受けています。 最後にお会いしたのは2015年11月9日のことで、信州の黒姫でした。ご自宅を訪ね、そのあと「アファンの森」…

合掌:C・W・ニコルさん逝く

管理人です。 コロナでズタズタなところ、また悲しいニュースが飛び込んできました。 news.yahoo.co.jp 私も雑誌編集者時代にお見掛けしたり、担当は別でしたが、エッセイをいただいたりしていました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

『アフリカよ』電子写真集をYoutube版にします!

以前、Kindle電子書籍として買っていただいた方には大変申し訳ございません。以下の電子書籍を本Youtubeチャンネルにて「新版」復活させることを決意しました。 悩むこと暫時。しかし先程「出版停止」ステータスに切り替えた次第です。 ●アフリカよ 1968-69 …

Youtube化を少しずつ。

www.youtube.com 不定期更新ですが、手元にあるものから順次Youtubeでもお楽しみいただけるようにしていきたいなと。カソリさんが東北から戻ったら、インタビューもしたいと思っています。 引き続きよろしくお願いいたします。

「カテゴリ」で選んだ記事が新着順固定(?)で不便な点について【続き】

はてなさんの問い合わせから返答いただきまして。 ●記事を古い順にする方法はない。今後開発も予定していない。 とのことでした。マジか…。 カソリブログは100とか200記事あるカテゴリも存在していて、それをずっと遡って見ていかなきゃいけないの? 30まで…

「カテゴリ」で選んだ記事が新着順固定(?)で不便な点について

いつも当たり前だった日常が…そうでなくなる時もありますな。 この間の台風15号、19号などでも思い知らされました。(うちは特に15号の時がひどかった…) で、旧ブログの「FC2」では当たり前にできていたことが「はてばブログ」では思うように行かない点がい…

カソリプロフィール、2017年更新(Profile in 2017)

フリーライター。1947年東京都中野区生まれ。 1968年より2年をかけて「アフリカ一周」したのを皮切りに、バイクで世界の6大陸を駆けめぐる。日本国内では8度の「日本一周」を成しとげ、「峠越え」と「温泉めぐり」を2大テーマにしている。現在ま…

賀曽利隆プロフィール・2013年5月アップデート版 (Profile in May 2013)

賀曽利 隆(かそり たかし) 1947年、東京都中野区に生まれる。1968年から2年間をかけてアフリカ大陸を一周したのを皮切りに、アジア、ヨーロッパ、オーストラリア、北アメリカ、南アメリカと、バイクで世界の6大陸を駆けめぐる。 1968年~6…

カソリ年表(プロフィール詳細版:Detailed Profile in 2008)

南米・ペルーのナスカにて 2007年12月6日 1947年、東京都中野区に生まれる。 1968年から2年間をかけてアフリカ大陸を一周したのを皮切りに、アジア、ヨーロッパ、オーストラリア、北アメリカ、南アメリカと、バイクで世界の6大陸を駆けめぐ…

プロフィール:賀曽利隆(Profile in 2008)

フリーライター、食文化研究家。1947年東京都中野区生まれ。1968年より2年間をかけて「アフリカ一周」したのを皮切りに、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、北アメリカ、南アメリカと世界の6大陸をバイクで駆けめぐる。今までに世界133ヵ国、118万キロ以…

管理人敬白。(Greeting from the Administrator)

今を去ること約11年半前、2008年5月2日に最初のご挨拶記事を掲載した旧ブログ「賀曽利隆 ON THE ROAD」(http://kasori.blog25.fc2.com/ ⇒移植完了次第、左記ブログおよびURLは閉鎖する可能性あり)は、その後、雑記含めて2,027記事を掲載して参りました。 …

賀曽利隆の峠越え・2015年 (Crossing Ridges in Japan)

高麗峠(埼玉)1月2日・5 正丸峠(埼玉)1月2日・9 虚空蔵峠(埼玉)1月2日・2 刈場坂峠(埼玉)1月2日・4 内山峠(群馬・長野)1月17日・18 三才山峠(長野)1月18日・4 塩尻峠(長野)1月18日・22 富士見峠(長野)1月18日・…

賀曽利隆の峠越え・2014年 (Crossing Ridges in Japan)

割山峠(福島)3月12日・4 八木沢峠(福島)3月12日・13 通岡峠(岩手)3月14日・11 閉伊坂峠(岩手)3月14日・5 長沢峠(福島)3月18日・7 甲子峠(福島)3月21日・13 駒止峠(福島)3月21日・18 駒止峠(福島)3月22日…

賀曽利隆の峠越え・2013年 (Crossing Ridges in Japan)

掛札峠(福島)3月12日・5 登館峠(福島)3月12日・5 水境峠(福島)3月12日・3 ※R114 1649、水境峠(福島)3月12日・1 ※県道12号 八木沢峠(福島)3月12日・10 釜谷峠(宮城)3月14日・8 通岡峠(岩手)3月14日・9 …

賀曽利隆の峠越え・2012年 (Crossing Ridges in Japan)

箱根峠(神奈川・静岡)1月27日・25 明神峠(栃木・福島)2月2日・3 ※R294 さった峠(静岡)2月22日・7 十三本木峠(岩手)3月19日・5 掛札峠(福島)6月15日・2 登舘峠(福島)6月15日・2 1638、いちづく坂峠(福島)6月…

賀曽利隆の峠越え・2011年 (Crossing Ridges in Japan)

籠坂峠(静岡・山梨)4月6日・17 三国峠(山梨・神奈川)4月6日・4 山伏峠(山梨)4月6日・9 本栖峠(山梨)4月6日・5 石割峠(山梨・静岡)4月6日・5 土呂部峠(栃木)5月6日・17 安ヶ森峠(栃木・福島)5月6日・8 中山峠(福島)5…

カソリの峠越え(34) 中国編(17):江川の峠(パート2) (Ridges in Chuugoku Region)

(『月刊オートバイ』1992年11月号 所収) 前回の「江川の峠(パート1)」では、広島県の三次を出発点にして中国地方最大の河川、江川本流の峠を越え、また三次に戻ってきた。 三次盆地の中心、三次はまさに「江川の町」といったところで、江川本流の…

カソリの峠越え(28) 中国編(11):因幡の峠(パート2) (Ridges in Chuugoku Region)

(『月刊オートバイ』1993年9月号 所収) 鳥取県は昔の国名でいうと、東半分の因幡と西半分の伯耆の2つの国から成っている。そのうちの東半分、「因幡の峠」を越えようと、峠越えの相棒のスズキDJEBEL250を走らせて鳥取へ。東名→名神→中国道…

南米・アンデス縦断(72=最終回)

2008年1月25日、「オルリー・ホテル」のジュース、クロワッサン、パン、ハム、チーズ、フルーツポンチの朝食を食べ、メンバー最年少の「リョースケ君」と町歩きをしたあと、ブエノスアイレス中央駅から電車に乗り、終点のティグレ駅まで行った。 そこ…

「南米・アンデス縦断」(71)

1月24日、「オルリー・ホテル」の朝食を食べると、バイクを税関に持ち込み、そのあとはなつかしのブエノスアイレスを歩いた。 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスは人口300万の大都市。まずはブエノスアイレスの中心、大統領府前の「5月広場」へ。ブ…

「南米・アンデス縦断」(70)

2008年1月23日、「ホテル・バルカルセ」の朝食を食べ、8時、バルカルセを出発。州道28号でブエノスアイレスへ。快走路で交通量もそれほど多くない。アヤクーチョの近くを通り、ラ・プラタの手前でR2(国道2号)に入る。ブエノスアイレスまでは…

「南米・アンデス縦断」(69)

1月22日。ピザの食べ過ぎでひと晩中、苦しい思いをしたが、夜明け前にひと眠りすることができた。「眠り」の威力は絶大で、ずいぶんと体は楽になった。 6時に起きると、1時間ほどバルカルセの町を歩いた。 7時、「ホテル・バルカルセ」の朝食。ジュー…

「南米・アンデス縦断」(68)

1月21日。「ホテル・アルゴス」で朝食を食べ、8時、バイアブランカを出発。トレスアリョスで国道3号と別れ、大農業地帯の中心地、バルカルセへ。 交通量はガクッと減った。 100キロ以上で走行していると、突然、首筋に猛烈な痛みを感じた。ハチにや…

「南米・アンデス縦断」(67)

1月20日。目を覚ますとすぐに町歩きを開始。そのあと「ニジャール・ホテル」の朝食を食べ、ビエドマを出発。リオネグロ川を渡り、南緯40度線を越え、さらにリオコロラド川を渡った。 「リオコロラド」は直訳すれば「赤い川」。このリオコロラド川がアル…

「南米・アンデス縦断」(66)

1月19日、プエルト・マドリンを出発。国道3号を北上。広大なパタゴニアの荒野を突っ走る。天気は快晴。抜けるような青空には一片の雲もない。まだ南緯40度以南の世界だが、スズキDR-Z400Sで切る風はもう冷たくない。 国道3号と国道251号の…

「南米・アンデス縦断」(65)

1月17日、コモドロ・リバダビアを出発。国道3号を北へ。午前中は曇天で寒かったが、午後はきれいに晴れた。 この日は450キロ北のプエルト・マドリンへ。ここは大西洋岸のリゾート地。「ホテル・ラ・ポサダ」に泊まった。夕食は町のレストランで。前菜…

「南米・アンデス縦断」(64)

1月16日。ジュース、コーンフレーク、クロワッサン、フルーツポンチの「バイアホテル」の朝食を食べ、9時、サンフリアンを出発。 国道3号を北へ。地平線に向かってひた走る。360度の地平線にグルリと囲まれていると、「地球って、円板なんだ!」と思…

「南米・アンデス縦断」(63)

1月15日、「ホテル・コメルシオ」のジュース、コーンフレーク、クロワッサン、コーヒーの朝食を食べ、リオガジェゴスを出発。国道3号(ルータ・トレス)を北へ。スズキDR-Z400Sを走らせる。 季節は真夏だが、南緯52度のこのあたりだと、バイク…

「南米・アンデス縦断」(62)

2008年1月14日、「ホテル・ティエラ・デル・フエゴ」のクロワッサンとパン、コーヒーの朝食を食べ、8時、ウシュワイアを出発。「ルータ・トレス」(国道3号)でアルゼンチンの首都、ブエノスアイレスに向かっていく。 ウシュワイアを出ると、フェゴ…